レビトラの個人輸入代行とクーリングオフ

レビトラの個人輸入代行とクーリングオフ
レビトラを個人輸入代行で購入する時は、1つ注意しなければいけないことがあります。
それはクーリングオフやPL法が適用されないということです。
クーリングオフやPL法は、購入者を守ってくれる法律で、何かトラブルが発生した時の心強い味方です。

 

本来レビトラは医師の診断を元に処方されるものですが、その部分を通り越して一気に購入することができるのが、個人輸入の良い所です。
しかしそのため、服用して何らかのトラブルがあったとしても、それらの問題はすべて自己責任ということになってしまいます。
あからさまに有害なものがふくまれていたという場合は別ですが、レビトラ自身に問題がなければ、販売者には一切責任がありません。

 

レビトラをはじめとしたED治療薬は、服用の際に注意しなければいけないことがたくさんあります。
本来ならその部分は医師がしっかり説明してくれるのですが、個人輸入代行で購入した場合には、そういうものは一切ありません。
レビトラを服用する時にはどういうことに注意しなければいけないのか等は、全部自分で確認しなければいけないのです。

 

レビトラの個人輸入代行でも、料金を支払う前ならキャンセルすることは可能です。
しかし一度料金を支払ってしまったら、返品は受け付けてもらえません。
これらのようなことがあるので、レビトラの個人輸入代行を利用する時は、さまざまな注意点を調べて、完全に納得した上で購入するようにしてください。

バイアグラ通販はインポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/